爪を切る際に注意

爪を切る際に注意

わたしは、大学を卒業して会社で働き始めた時に爪水虫に悩まされた事があります。1日中、同じビジネスシューズをはいて過ごしていた為に、靴の中で菌が大量に繁殖して爪水虫になってしまったようです。やはり病院に行くのは少し恥ずかしく感じて、市販の薬でケアすることにしました。

 

ネットで色々検索した所、クリアネイルショットという薬の評判がよかったです。効果がなければ返品することができると言うこともあり、安心してネットで注文しました。使用方法は、1日1回、入浴後にしっかりと水を拭きとった後に患部に塗布するだけでした。

 

ジェル状でとてもに塗りやすく、臭いもあまりしないことから、とても使用しやすかったです。おかげで、使い始めて二ヶ月ぐらいから厚く黄ばんでいた爪が綺麗に生えかわりました。爪水虫の時は、爪が分厚く、巻いた状態だったので、上手く爪を切ることができずに一苦労していました。

 

爪切りの中に爪が入らないので、切るというより切り取るような状態で爪を整えていたのです。それが、二ヶ月で改善されたので、爪もスムーズに切れるようになりました。

 

周りの方で爪水虫に悩んでいる方が入れば、絶対にクリアネイルショットを薦めたいです。

 

 

池袋の病院で爪水虫の治療をした

水虫ときくと、不潔とかおじさんの病気というイメージがありますが、じつは私は爪水虫になったことがあります。

 

水虫ときくと、足の指におこる症状と思っていたので、まさか爪に症状がでたときにそれが水虫だったとはまったく気がつきませんでした。はじめはそのうちに治ると、よく洗うようにしていたのですが、まったく治らず、どんどん爪がボロボロになったり白く濁ったような状態になったので、これはおかしいと思って皮膚科に行きました。

 

私は池袋で働いているので、皮膚科も職場の近くのところに行きましたが、夏場は爪水虫になる人が多いということを知りました。乾癬という菌が足の爪の中に繁殖することで爪水虫になるそうで、夏に菌が元気になってしまうということでした。

 

私の場合、初期の状態だったので、飲み薬と塗薬で3か月程度で治りました。私にとっては長い治療期間だと思っていたのですが、爪水虫は症状が悪化するとなかなか治らなくなるということで、3か月程度で治ったのは早いといわれました。

 

菌の潜伏期間が長いので、しっかりと治療しないと繰り返しなってしまうこともあるようです。
今後も、ならないように注意していきたいと思います。爪水虫はひとごとではないです。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら