爪水虫治療は梅田で

爪水虫治療は梅田で

全国第二の都市大阪のど真ん中の梅田だから爪水虫の治療をしてくれるところはたくさんありそうですよね。

 

それにオフィス街でもありますし、爪水虫に悩むサラリーマンが頼る皮膚科がたくさんありそうです。爪水虫・梅田で検索したら、やはり皮膚科がたくさんリストアップされましたが、水虫専用科のような病院はなさそうです。

 

だいたい爪水虫も治せるし、アトピーや皮膚がんも大丈夫といった感じでした。

 

その中でも、爪水虫の診療内容という親切な解説付きの医院がいくつかありましたので、抜粋させていただきます。
「爪水虫は、一度治まったように見えて何度も再発するやっかいな疾患の一つです。

 

夏になり、汗をかくようになると水虫の原因になる白癬菌の活動が活発化し、痒みや目に見える症状(爪の変色、変形、凹凸、筋、穴があく、ぼろぼろ崩れるなど)が出てくるようになります。

 

しかし、秋冬の低温で乾燥した環境では白癬菌が活動できず、症状が見えません。
治まったように感じますが、それは決して治った状態ではありませんので、症状が治まっても根気よく忘れずに治療することが大切です。

 

近年では秋冬でもブーツや通気性の悪い靴の着用で、白癬菌の繁殖に向いた高温多湿の環境を作ってしまい、年中悩まされることもあるようです。
つまり、昔は男性の病気だったのが、女性も多く罹患するようになったのがこの「爪水虫」です。

 

爪白癬の場合は抗真菌薬の内服が必要ですが、妊婦や授乳中の女性には使えないことから、外用薬だけで治療をすることになりますが、時間がかかります。」
と少し、はしょって抜粋しましたが、若い女性にも増えている、爪水虫には外用薬ではなかなか治らないというのが上記のポイントです。

 

あなたはただの水虫ですか?それとも爪も水虫になっていると思いますか?

 

爪水虫にはイトラコナゾールというカプセルx8カプセル/日(朝、夕4カプセルずつ)を1週間内服し、3週間休薬。これを3回繰り返します。
テルビナフィンという薬の場合は、1錠/日を6ヶ月間内服、両薬剤とも、有効率は70%程度で副作用は10%程度出現します。
具体的には、薬疹、胃部不快感、白血球の減少、肝機能異常などです。

 

ですので、内服前、内服中は1ヶ月ごとに採血が必要になります。新しい爪が生えてきて徐々に治ってきますので、治るのに9ヶ月から1年程度かかります。
と、爪水虫を治療している病院のHPに掲載の内容を見ると、病院に行かないでもなんとか治したいと思うようになりますよね。

 

それよりも、爪水虫にならないことが一番ですので、毎日お風呂に入って足を清潔に保つようにしましょう。

 

⇒爪水虫をこっそり治したい人はこちら