このジェルを手の爪にも使ってみようかな

このジェルを手の爪にも使ってみようかな

爪水虫は、足だけでなく手の爪にも感染することがわかっています。クリアネイルショットをすでに使用している人はラッキーですね。
手の爪水虫になった場合、他の皮膚に感染するかも!?など日常生活で色々と心配なことも出てくると思います。

 

もちろん目などの粘膜があるところに白癬菌が移ると大変なことになりますので、一刻も早く治療を開始してください。そこで、クリアネイルショットを手の爪に塗る事が有効であれば、足の爪と一緒に治療できて楽ですよね。

 

まず爪水虫はどういったものなのか、手に爪に感染した時にはクリアネイルショットでも治るのか確認してみましょう。

 

「水虫」というと、足の裏や指の間などに発症するものというイメージがありますが、爪にも発症する「爪水虫(爪白癬)」というものがあります。
「爪水虫」は、白癬菌というカビの一種が、皮膚から爪の中へ侵入して起こります。10人に1人が感染したことがあるといわれるほどです。

 

爪単独で水虫になることは少なく、ほとんどが足の皮膚にもともと水虫があり、そこから爪に感染します。
足の水虫になっている人の約半数が、爪水虫になっているともいわれています。

 

また、足の爪だけでなく、手の爪も爪水虫になることがあります。爪水虫は、足の爪に発症することが圧倒的に多いものの、爪水虫患者全体の5〜10%は手の爪の水虫です。爪には神経がないため、水虫特有のかゆみなどの自覚症状がなく、気が付くとかなり進行していたというケースもあります。

 

症状が進行すると、爪のガサガサがひどくなったり、ボロボロと崩れ落ちたりします。女性だと、サンダルを履いたり、ペディキュアなどのおしゃれもしずらくなります。まずは、足または手の皮膚が水虫になっている、爪が白や黄色に濁っている、爪がガサガサしている、爪まわりの皮膚がぶ厚くなっている、爪がぶ厚くなり、ボロボロと崩れる、爪が厚く爪が切りにくい、靴が履きにくい、などの症状に気付いたら、なるべく早めに対策を高じることが大切です。

 

ちなみに、水虫の基本的な処方箋の飲み薬は妊娠中や授乳中は、飲み薬による治療はできません。
クリアネイルショット日本一売れているオリゴ糖「カイテキオリゴ」でも有名な、北の快適工房の植物由来成分でつくられているネイルケア商品で、81%以上の方が変化を実感しました。

 

まずは爪水虫に感染している部分を清潔に保つことです。朝晩の指を開きながらの洗浄が有効です。
そして、しっかり水気を取り、乾燥させます。 そして、クリアネイルショットを朝晩塗るようにしてください。

 

特に手の爪は他についてしまう場合がありますので、薬が浸透して乾燥するまで動かない方がいいと思います。ネイルと同じですね。
また、プールや温泉施設などの足拭きマットなどの、白癬菌がいるような場所にはいかないことが一番いいです。
家庭でもスリッパ、タオルなどの共用はしないようにしましょう。

 

手の爪水虫の場合も、手の皮膚が水虫になっている可能性が高いです。マニキュアの上からも塗ることができる薬はありますが、完治するまでマニュキュアは我慢するのがおすすめです。手の水虫、爪水虫の場合、化粧などで顔の皮膚をさわる際は、なるべく、コットン、綿棒などを活用しましょう。

 

また、お料理の際、不安になるかもしれませんが、お料理する前に、手を洗って清潔にしてください。

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら